インプラント治療マイナス面

インプラント治療マイナス面

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。
本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないと考えてはいけません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。