ナースではたらこ 看護師転職 無料登録

別の病院で働こうと転職を心に決めました

学校は看護学校を卒業しました。

 

そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。
辞める時には、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。

 

さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。
決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。

 

検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、ちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことが当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。

 

一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。
中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、容態の急な変化もありえますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も看護師が行います。

 

緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらいゴタゴタする夜を過ごすこともあります。

 

高給取りで知られるナースですが、その中にも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
ナースの資格を持っていれば、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。

 

とは言え、メインで働いている職場の規定でナースのWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。

 

病棟勤務のナースとして働いている者ですが、思ったことは、一般にナースはタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。

 

喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。
しかし、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。

 

そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、ナースたちの飲み方、酔い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。

 

とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。
他の一般的な職業と、ナースの収入などを比べたデータによると、年間を通した平均収入の額ですとはっきりと、看護師の方が額は大きいのです。
それから、ナースという仕事は医療機関を中心に常に需要が高い傾向が見られますから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの点も、人気職である所以かもしれません。

 

ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。

 

社会に出たばかりの新卒看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。

 

ただ働きで残業をさせるのは、労働者が新人かどうかは別の話で労働基準法に反した行為です。
勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、労働した時間分はきっちり、働いた人に支給されるべきでしょう。

 

意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。
どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。

 

勤務している今の職場で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。

 

今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。

 

常日頃、看護師とて奮闘していて、つらいこと、大変なこともあります。
そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。

 

なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる診療科としては、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。

 

ところが、専門性の高さですとか、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。

 

ナースではたらこ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓