ナースではたらこ 看護師転職 無料登録

知らないうちに無理を重ねて結果として流産に至った

学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、どこに配属されるかは大変気になりますが、100パーセント希望通りにしてくれるところもある一方、人材を管理する人の胸三寸で決められてしまうこともあるでしょう。

 

配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、出された答えとしての配属であることが多いようです。

 

ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。
仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。

 

エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていればナースが被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。

 

もう一つ、薬のことも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、注意するべきでしょう。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。

 

ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。
業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろんナースの世界にも存在します。

 

例えば、「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。

 

何のことか見当がつきますか?食事をとってきます、と働いている他の人にわかってもらう目的で普段から使用されているようです。
ところで、エッセンという言葉ですがこれは、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。

 

昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、その影響です。
何であれ便利に多用されているようです。

 

慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、ナースの需要は高いため、転職がとても容易です。
転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、面接試験を受けることになります。

 

これまでの経験や職務について、志望動機など話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、能力的なこと以外に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも観察されることになるはずです。

 

仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもみてもらうことができれば、上出来です。
以前はそれ程一般的ではなかった、ナース各々の能力評価ですが、これは多くの病院で行われるようになっています。

 

病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを測ることを目的に、指標をはじめから作っていったところもあります。
能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。

 

このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、高いモチベーションを保てます。

 

一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。
退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、そうした規定に沿って支払われます。

 

一方、個人経営の病院になると、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。

 

つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。
女性に人気の高い職業の一つ、ナースになるためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。

 

国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。

 

さて、看護師を養成するための機関といいますと看護専門学校や短大など、いくつかありますが、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。

 

 

ナースではたらこ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓