ナースではたらこ 看護師転職 無料登録

看護師を続ける動機として欠かせないものに「給料が高い」

今、私は病院事務の仕事をしています。

 

普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、いつでも皆さん忙しくされています。
仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。

 

でも、私が思ったよりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが相当いるんですよ。
先生方も笑顔で、穏やかな雰囲気でよかったです。

 

多くの方が看護師を続ける動機として欠かせないものに「給料が高い」ということがあります。
卒後間もない看護師の場合も、同世代の新入社員と比較して収入が高めだといえるはずです。

 

ただ、給料を多くもらうということは、自分の腕を磨いて、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。
医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。

 

明らかな違いといえば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬を処方することが仕事とされています。

 

それに対して、看護師は、医師に指示されたときに、診療の補助をして、患者の看護を行います。
数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。

 

結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。
そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。
そうでなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。

 

より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった前向きな志望動機があれば良いでしょう。

 

やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。
でも、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

 

することは多く、責任は重く、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。

 

そういったことをわかった上で、看護師という仕事を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、良くない点を打ち消せる程にメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。

 

新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。

 

けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。
それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。

 

ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にも決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とわかったのです。

 

勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と調整しやすいようになっています。

 

他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児中であっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。

 

小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、ともあれ働き続けていられるということは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。
ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。

 

そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。
そして、医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。

 

なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。
しかも、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。

 

ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども増えてきていますから、会員登録して上手く活用しながら最適の仕事先を見つけてください。

 

ナースではたらこ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓