ナースではたらこ 看護師転職 無料登録

長時間のサービス残業に従事させられる

看護師の収入については、労働者全般と比べると、年間を通した平均収入の額ですと確実に、看護師の方が上回るといいます。

 

医療に関わる職場においていつでも人手を求めている、という事情により、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの点も、人気職である所以かもしれません。

 

さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。

 

看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですがこの二つを漢字で書き表すとこの二つになります。
以前は看護士というと男性のことで女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。

 

2001年の法律改正を機に、性別に無関係に使用できる看護師の表記に一本化されました。
ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。

 

通常業務のみでも大変忙しいのに加え、決められた労働時間以外の業務もあったりして残って仕事をしなければならないことがよくあります。
けれども、いかに多忙で、疲労困憊でも、患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。

 

さっきまで愚痴っていた人がすぐに笑顔になれるので、考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。
我が国の法律で、看護師は仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。

 

基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。
しかしながら、患者さんの状態によって、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験を積んでいる看護師に限り、若干の医療的行為は許可されてもいいのではないかと考えています。

 

言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。

 

特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。

 

基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと当然のように疲れを蓄積していき、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、心身への負担をしみじみと感じる事になってしまうでしょう。

 

今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。
万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような単純な業務とは言えませんから、実地に経験していくしかない、ということです。

 

向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を希望する場合があります。
様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って腕を磨きたいという気持ちからくる、ポジティブな考え方の転職ですね。

 

私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、職業体験というものが中学の時にあって介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感銘を受けたのが事の始まりでした。

 

将来、仕事を選ぶとき、あんな職業をしたいと思ったことをきっかけに高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。
いやなこともありますが、それなりに充実していると思います。

 

職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。
そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。

 

あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、その技能を一番発揮できる場所で働けるようになるはずです。

 

なので、夜勤を希望したいと言っておけば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。

 

大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。

 

一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。

 

退職する時に出る手当である、退職金については、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。

 

一方、個人経営の病院になると、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。
つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。
最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、他職種と比較して高いお給料をもらえます。

 

それが理由なのかはわかりませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。
なのですが、多忙を極める仕事です。

 

ほとんど休めない様な病院もあって、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと聞くことがあります。
給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最適なのだろうと感じています。

 

看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、神経を張りつめていることが多く、そのために大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。
ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、心にも大きな負担がかかるということになります。

 

そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知り、実行しているかということも、看護師というハードな仕事を続けていくためには重要なキーポイントになり得ます。

 

ナースではたらこ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓