ナースではたらこ 看護師転職 無料登録

看護師不足は医療の現場に支障が出るほどの問題

全国的に看護師が不足している現状は医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。
原因は様々ですが、その一つとして厳しい労働環境にあると言えるでしょう。

 

近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事量が増加し労働時間も長くなりますから、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。

 

また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に職を辞する人も多いのです。

 

シフト勤務で働くにとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。

 

ですが、ここで気を付けたいことは、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働くと比べて給料が少なくなってしまう事があります。

 

現在の年収を下げてまで夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。

 

若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。
ですが、近年はどこでもの名称が使われ、男性の看護師も多いです。

 

看護師に相応しい性格や能力をみても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。
母性的な優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力もこれからのにとって大切な要素だと言えますね。

 

初めて看護師として働こうと思っても、就職先が見つからずに失敗が続くという場合、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。

 

求人において年齢についての制限を載せていない場合も、事情によっては病院側が独自に年齢を理由にした不採用を設定しているケースがあるのです。

 

中でも、30歳以上で未経験の場合、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。
当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、配属先の科によって、看護技術や処置もまた違います。

 

配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、知識を深められるでしょう。

 

今後の進路を考える事もできますから、新人の意欲も湧きやすいようです。

 

病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接する場合が多いので、印象の良いヘアスタイルにも気を配っておきましょう。

 

自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大切です。
職場の環境によっては、ルールがそれぞれ異なるケースがあると忘れないでください。

 

一般的に、は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。
実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。

 

2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、一方の3交代勤務では夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。

 

就職しようとしている病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、調べておきましょう。
シフトを組んだ交代制勤務などでの仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。

 

入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。
簡単に済んでしまうようなケースも少なくないですが、病状や処置に関する情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。

 

一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは交代勤務などで休日が不規則になることです。

 

平日が休みになってしまっては、簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという辛さがあるようです。
または、労働環境が過酷で休みを取る暇がないケースもあるでしょう。

 

こうした状態を変えたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。
平均的に離職者の多いという職業は、結果的に転職率が高いと言えます。

 

こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが存在しているのです。

 

これらの転職サイトを積極的に活用すれば、時間をかけずに自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。

 

それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用して、より良い転職先を見付けましょう。

 

ナースではたらこ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓