ナースではたらこ 看護師転職 無料登録

モラハラや職場いじめがあったりとドロドロした人間関係

 

仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場での人間関係の難しさや不規則な勤務形態です。
には女性も多いので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくないのです。

 

勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。
転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも選択肢に入れておきましょう。

 

皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。
意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。

 

給料は勤めている会社によって違うものですが、同じことがにも言えます。
総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では収入は違ったものになるでしょう。

 

ですから、平均的な看護師の年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。
看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働く現場として保育園があることを知っていますか?職場が保育園となると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、理想的な職場だと思います。

 

病院とは違って、保育園での看護師の仕事は園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという大切なものです。

 

ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。

 

課長職の年収とはいえ企業によって違うように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。
そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。

 

稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは約750万円とみられます。
あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。

 

それは勤務先を国公立の病院にすることです。
本来、職業としてのが専門職で長く勤務することが出来る安定した職種の一つであるとして注目されていますが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。

 

給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは最大のメリットだと言えるでしょう。
今どきの交代制勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。

 

勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、経験を積む上でも殆どの人がシフト勤務になるはずです。

 

妻が子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので悩みました。
気になる看護師資格の難易度ですが、どれほどの難しさなのでしょうか。

 

資格を取得するための国家試験の合格率は、毎年90%前後のようです。
内容も専門学校や大学の講義を普通に勉強していた人だったらそんなに難しい試験ではありませんので、全くの資格取得は難しいものでもないようです。

 

色々と事情があって就職し、結局OLになりました。
ですが、OLをしている間もになりたいという思いが消える事がありませんでした。

 

無資格でも看護関係の仕事に就くということも考えましたが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、実際に看護助手の立場で働きながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。

 

この方法での夢を叶えたいです。

 

実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。
トップに位置するのは、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長、総長などと呼ばれる方々です。

 

階級を上げる方法ですが、勤務年数を長くして、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。
もちろん、階級が上がればその分、年収や待遇は良くなるでしょう。

 

普通、注射や採血は看護師が行うものです。

 

注射や採血を好む人は少数派でしょうが、注射されるなら痛みが少ないようにお願いしたいですよね。
とは言うものの、看護師の技術によっては上手な人もいれば、上手でないにあたる事も珍しいことでありません。

 

たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。

 

ナースではたらこ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓