マッサージでバストアップの効果が出てくる理由

マッサージでバストアップの効果が出てくる理由

マッサージでバストアップの効果が出てくる理由としましては、血行がよくなるため、ということになります。バストそのものの血行をよくするということでもありますが、しっかりマッサージすることで、バストを支える大胸筋に働きかけるわけです。つまり、大胸筋の血行を良くする事が出来るんです。そうすることによって、バストが垂れることはなくなりますから、マッサージがバストアップに効果を表すわけです。バストアップ体操と一緒に行なうと、より効果的だといわれる所以はここにあります。いつでも簡単に出来るバストアップマッサージの方法としましては、まず座ったら片方の手を胸の下側にあて、一方の手は胸の上側にあてます。下側の手は、胸から脇の下の方向へ、上側の手は脇の下から胸の方向へマッサージします。両手を同時に動かして20回くらいマッサージします。左右の胸で行います。お風呂でもバストアップマッサージする方法があります。まず、右胸を右手にのせ、左手は右胸の上に置きます。右手の手のひらでバスト上に押し上げ、左手はバストを下の方向に軽く押します。20回くらい繰り返します。左胸も同じように行ないます。一番大切なことは、続けると言うことです。毎日少しずつのマッサージがバストアップにつながっていくからです。気にする女性は年中気にしているようですが、やはり春を過ぎて夏になると、胸元が大きく開いた服を着るようになりますから、どうしてもバストの大きさや形が目に付いて気になってしまうものです。他の女性の豊かなバストを横目で見ながら、自分のバストと比べてしまったり。効果的なバストアップの方法はないものかと考え込んだりしてしまいます。そもそも、なぜ人によってバストの大きさにこんなに差があるのでしょうか?バストは、90%の脂肪組織と10%の乳腺から出来ています。胸の大きさを決めるのは、乳腺の発達の具合だと言われているのですが、乳腺を発達させるには、女性ホルモンの充分な分泌が必要になってきます。女性ホルモンが多く分泌されれば、身体に脂肪が付きやすくなるのですが同時にバストも大きくなっていきます。バストアップには様々な方法があり、美容整形外科の豊胸手術を受けるのもバストアップの一つですし、自宅で、マッサージやサプリメントを用いて取り組むのも一つの方法です。
美容整形外科では、胸にシリコン製バッグを入れたり、他の部位から取った自分の脂肪を注入するなどのいわゆる豊胸を行なったり、女性ホルモン注射することによってバストアップを目指す方法がよく行なわれています。ただ、そこまでの勇気とお金がなかなか出せない場合には、自宅で時間をかけてバストアップする方法もありです。様々な方法があるために様々な情報が流れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です